田中 雅樹 展  木とガラス
2009/1/1〜2/6   

ガラス工芸作家の田中雅樹氏は多摩美術大学工芸科を5年前に卒業した若い作家ながら、在学中より数多くのコンペで入選、受賞という輝かしい経歴の持ち主です。その作品は接着と研磨の作業によって形作られています。イメージは積み木やブロックのように組み合わせられ、あるいは磨き上げられ、より凝縮されシンプルなフォルムとなって問いかけます。そしてソーダガラスの色が見る人を引きつけます。来廊された方の多くが、ガラスなのに温かいとおっしゃっていました。
今回は神奈川県展入選作「どこかの部品シリーズ」をメインに、その額装やガラスと木を組み合わせた容れ物を多く展示しました。

         つつむ・かたち  
artist 田中雅樹へ      とり  
           


1
2
3
4
5
6