現在の展示 1/23(月)〜2/4(土)

藤田 俊哉 展
ー再生ー
12/1/23(月)−2/4(土)
1/28(木),2/2(木)休廊
12:00−19:00
最終日は17:00まで

           

赤と黒、そして近年では金を使った画面構成に描かれた写実的な花や果物。それ自体が発光している様な色の帯。音符や文字列。それぞれのモチーフは彼の言葉となって画面上で語り始める。ジクソーパズルのピースの様に一つも欠けてはならない。
藤田俊哉の絵に曖昧な筆使いは無い。すべてが計算された美の世界。揺るぎない美の追求こそ彼の絵の本質なのだから。
彼の絵を読み解くには時間がかかるかも知れないが挑戦するのも面白いと思う。
150号の大作から小品までをご覧ください。