ART SPACE は ね のホームページへようこそ

東京駅より八重洲通りを隅田川に向かって歩くこと15分、右に八丁堀、左に茅場町の地下鉄の出入り口を見ながら、その先の橋を渡りますとに周囲を川に囲まれた「霊岸島」に行き着きます。都心でありながらゆっくりとした時間が流れ、こぢんまりとしたこの地域は、江戸時代に下り酒の荷下ろしで賑わった新川という運河 ー 戦後埋め立てられ今はもう無いのですが ー にちなみ町名を新川と言います。
「ART SPACE はね 」は新川の、最寄り駅からもほど近い小さなビルの2階に、2008年8月オープンいたしました。
「はね」の名前は、先にこのスペースに画廊の灯を点された「画廊 はね」に由来しています。
その時のオーナーは「はね」の意味合いを特定されませんでしたが、私達は「はね」= 妖精の「翅」としてロゴマークにその意を込めました。アーティストの方々の背中には妖精の翅が生えているような気がするからです。
展示の傾向は特にありません。このスペースが気に入ってくださって、私達もその作品が気に入れば使っていただく、また見に来てくださる方々にも日常から離れて心が満たされる空間を … そんなスタンスで経営しています。どうぞお気軽にお立ち寄りください。